読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

柳はみどり、花は紅

きらきら緑さんが好き

経営者に聞いた相葉雅紀の魅力

 

 

まずはじめに。 

 

タイトルにある経営者とは、わたしの父です。

まさかの身内。すみません。

(このブログに何度登場するのだろう、わたしの父…笑)

 

 

わたしの父は、某企業の代表取締役なのですが、 この度、相葉さんが新しくCMに起用されたということで、父のある言葉を思い出しました。

 

 

「相葉くんはこの先CM契約が増える。CMは企業やその商品を宣伝するようなもの。言わば企業の顔。相葉くんは好印象しかないから起用しない理由がない。すべてにおいて相葉くんは理想の人だ。」

 

 

これは、かれこれ数年前、相葉さんがまだCM起用社数ランキングも上位ではなかったころからずっと父が言っていた言葉です。

 

 

 

それがここ最近。

相葉さんのCM起用社数は本当にぐんぐん伸び続け、今や年間CM起用社数ランキング1位

 

父が言っていた通りになりました。

 

 

ここ最近の相葉さんの年間CM起用社数とランキングを見てみると、

 

2010年 7位 6社
2011年 5位 10社
2012年 4位 10社
2013年 5位 8社
2014年 2位 10社
2015年 1位 12社
2016年 1位 12社


(年間CM起用社数男性タレントランキングより)

 

 

年々上昇していく様子がよく分かります。

 

 

 

 

 

 

父が相葉くんのCM起用について話し始めたきっかけは、以前レギュラー番組として放送されていた「ひみつの嵐ちゃん!」の中の「ランキングダービー」というコーナー。

 

お題は、

 

『女社長に聞いた、部下にしたい人ランキング』

 

というものでした。

 

 

わたしは、翔くんかな…?と思っていました。パネラーさんたちの予想も1位に相葉くんの名前は無し。しかし父は迷いなく「相葉くんが絶対に1位だ」と言い切り、本当にそのランキングでの1位は相葉さんだったのです。

 

 

 

経営者から見た相葉さんの魅力は何なのか。

改めて、聞いてみました。

 

 

 

「社員として採用する」という観点から見た相葉さんの魅力には、

① 素直であること

② 第一印象に好感を持てること

③ 対応力に優れ、柔軟であること

という3点があるのだそう。

 

 

① 素直であること

後輩、部下、社員として採用するにあたり、素直であることは何よりも大切。自分の立ち位置や能力、その場の状況を理解し受け入れることは簡単なようで実は難しい。その上で、上司や取引先等の指示や要望を理解し、受け入れ、実行する。それには素直であることが必要なのだそう。

 

 

② 第一印象に好感を持てること

父がもし相葉さんを社員として採用するなら間違いなく営業採用だと言います。営業にとって大切なのはやはり第一印象。相葉さんは人当たりが良くて話しやすく、好感を持てる。この人と話をしたい、この人の話を聞きたい、この企業のことを聞きたい……そうやってどんどん相手を引き込むことができるのではないか、とのことでした。

 

 

③ 対応力に優れること

これは本当にずっと言っていることなのですが、父は相葉くんのことを「頭がいい」と言います。それは、学力的な頭がいいではなくて、その場の空気を読める、自分の立場を弁えることができる、相手の気持ちを汲み取れる、先のことまで予測できる、自分に対して客観的になれる……、そういう面での「頭の良さ」を父はずっと感じているようです。

 

 

 

「もし社員として採用するなら営業 」と言いますが、それは第一印象が良く、場の空気も読めて、相手方に対して、この人にもっと話をしたい、この人の話をもっと聞きたい、この企業のことをもっと知りたい……、というようにどんどん引き込むことができる。そういう力を感じるからなのだそう。

 

 

 

相葉さんが商品を宣伝すれば、その商品に対して、その企業に対して好印象を持つ。そしてその商品を手に取りたくなる。

 

 

 

父は最後に、「CM起用社数トップになったことも、そんな相葉くんの魅力と実力が引き寄せたものなのではないか」と話していました。

 

 

 

 

 

 

 

 

とても興味深い話だったので、こちらに書いてみました。

 

ただの一般ぴーぽーヲタクの私にとっては、相葉さんの宣伝する商品にまみれているこの生活が幸せすぎて……!!

 

 

ちなみに、わたしは今親元を離れて一人暮らしなので相葉くんの宣伝する商品に囲まれてニヤニヤ生活送っていますが、実家でも最近父がフルグラ買い始めたり社用車にsmart(今はCM契約切れていますが)を採用したり、だいぶ影響されています(笑)

外国人の友人をジャニヲタの世界に召喚しました

 

こんにちは。こんばんは。はじめまして。

 

 

以前ブログを書いていて辞めてしまったのですが、また舞い戻ってきました(笑)

 

簡単に自己紹介をしますと、嵐が好きで相葉さん担当のどこにでもいる一般人なヲタクです。

 

はじめましての方も、ツイッターでお世話になっている方も、どうぞよろしくお願いいたします!

 

 

 

さて、タイトルのお話をします。

(自己紹介もそこそこに、すみません)

 

私の父が英語を話す人なので、お仕事の関係やその他プライベート関係で、外国人の知人がいます。その繋がりで私にも外国人の友人がいるのですが、先日あるアメリカ人の友人から久しぶりに連絡が来ました。(以下 Chris)

お互い近況報告をしている中、私が最近嵐のコンサートに行ったことを話すと、

 

「僕、嵐知ってるよ!!」

 

な、なぜ!?どうして!?どこで知ったの!!??

 

聞けば彼は、日本に住む友人から教えてもらったのだとか。

そして潤くんが一番好きだと。

 

さっすがMJ!!外人さんにも人気があるね!!

 

でもChrisは、そのお友達から聞いた「Jun Matsumoto」という名前を覚えていなくて、「日本のMJだよ!」と言われたことが頭に残っていたらしく、「J!! Mr. J !!」と連呼していて盛大に笑いました。

(普通Mr. はLast name《苗字》につけるのでMJと聞いてJが苗字の頭文字と思っていたのかな?でもそこにMr.ってつけた彼のセンスがとても好き)

とりあえずMJの本当の名前を教えておきました(笑)

 

嵐のことを教えてと言われたので、日本のアイドルグループで、歌を歌うしダンスもするし、お芝居もするし、バラエティ番組も出るスーパースターだよ!!みたいな感じでざっくり話すと、

 

「Jun の曲が聴きたい」

 

と言い出すChris 。

 

とりあえず私は相葉くん担当だし、いや、潤くんのソロ曲もちろん全部分かるし大好きだけど外人さんに勧めるとしたらどの曲だ!?どのソロ曲がいいんだ!?!?…潤くん担当さんに聞いた方が確実じゃない??

 

ってことでツイッターにて潤くん担当さんに呼びかけ。

 

come back to meSTAY GOLD というお言葉を頂いたのでそれを後日、彼に報告。

 

その日のうちに、

 

「最高だよ!!!Jun のこともっと好きになったよ!!嵐の曲も知りたい!!」

 

と興奮とともに連絡が来たのでとりあえずメジャーなシングル曲を数曲とJaponismをオススメしてみる。

 

 

 

Chris の行動力を見習いたい。

その日のうちに日本から遥か10,144㎞の遠い国でJaponismをなんとお買い上げ。

ありがてぇ…。

 

 

そうして数日後。

 

「嵐って最高!!他の曲も聴いてみるよ!!コンサートも見たい!!映像ないの!?」

 

おいおいおい。

いいのか!Chris !!

コンサート映像見たら終わりだぞ!!

もう戻れないぞ!!!

そのまま嵐の沼へドボンだぞ!!!

 

…とは言わず(笑)

Japonism を聴いたならそのDVDあるからそれを見たら?と提案。

 

Chris の行動力を見習いたい(part 2)。

その日のうちに日本から彼方10,144㎞の遠い国でお買い上げ。

さすがChris…。

 

 

そうして数日後。

 

 

「僕は決めたよ。嵐のファンになる。」

 

 

ほらぁぁぁ!!!

だから言ったじゃないか!!!(実際には言っていない)

コンサートDVD見ちゃったらもう後には戻れないんだよ!!!

 

 

…とは言わず。

 

「Welcome!!!」

 

この一言に尽きる!!!

 

ようこそ!!!!!!!

この先ズブズブはまるしかない嵐沼の世界へ!

 

 

 

でも。

 

私が見習いたい行動力No.1なChrisにとって残念なお知らせが一つ。

 

「ファンクラブに入りたい。」

 

 

あ……。

 

…ごめん、Chris 。

 

 

 

「日本の住所無いとファンクラブ入れないの。国際ファンクラブもなくて…。」

 

「…なんてこった……。」

 

 

 

 

うわぁぁぁぁ!!!

私のバカ!!!そこまで考えてなかった!!!

そうだよ日本の住所なきゃファンクラブ入れないじゃん!!!

 

私はもう、全力で言い切ったよね。

 

「私がコンサート当てるから!!一緒に行こう!!」

 

…当たるかなんて分かんないのに!!

いや、当たる確率なんてほぼゼロに等しいほどに低いのに!!!

ごめん、言い切った!!!

 

「本当に!?絶対だよ!?!?」

 

とか言ってるChrisの声頭にこびりついて離れない!!!

 

 

 

ごめん、Chris …。

倍率エベレスト級に高いんだ…。

でも頑張るからわたし…。

それまでたくさん嵐の曲聴いて嵐のコンサート映像見てくれ…。

 

 

 

 

 

そんな、私がジャニヲタの世界に召喚したChrisの話で興味深かった話を。

 

「何を言ってるか分からない歌があったけど全てが美しかった」

 

そう言われた時、あー、なるほど!と。

私が勧めたアルバムはJaponism。

大野さんのソロ曲とか、Japonesqueとか、日本で古くから使われる独特な言い回しや表現、言葉が多く出てくるからかな?と。

 

Chris は、私と話すときは英語ですが日本語も勉強していて少し話すことが出来るので、きっと分かる歌詞もあるんだろうと思うのですが。

 

でも彼は同時に、

「日本の言葉は綺麗だ」とも言っていました。

その美しい日本語というものをJaponismを聴いて感じたそうです。

 

 

 

それからJaponismの映像を見た感想として、

「今まで見たこともないようなエンタテインメントを見た」と言ってくれました。

 

華やかなセットや衣装もそうだけど、それよりも照明や構成や歌やダンス。全てに引き込まれた、と。

 

いいこと言ってくれるねー、Chris !!!

ありがとう!!(号泣)

 

 

 

 

 

正直なことを言えば、嵐の知名度という点では、海外では高いとは言い難い。そしてジャニーズの知名度も低いです。

たぶん、きゃりーぱみゅぱみゅちゃんのようなある意味で「日本的」な方が知られているのではないかなぁ、と。

 

 

もちろん、アジア圏ではまた話は別だと思います。

K-POPが日本に進出して人気を博しているように、J-POPもまた広く受け入れられているはずですから。

(アジア圏に知人がいないので分かりませんが)

 

 

 

でも、海外に嵐やジャニーズのファンがいるのは確かで、そうした人たちが自国でのコンサートや国際ファンクラブの発足を心待ちにしていることは間違いありません。

 

 

Japonismというアルバムで、「原点回帰」をコンセプトに日本やジャニーズを体現しようとした嵐の曲たちや、そのコンサートが、ほとんど日本にとどまっている。

確かにCDやDVDは、海外でも購入できますから、それを手に取ることは可能です。でも、Chrisのように日本に知人がいたり、日本が好きでアイドルが好きで嵐を知った、ジャニーズを知った、というような人たちでないと、その音源や映像たちを手に取ることは無い。

たぶん、日本にそういう人たちがいて、彼らがトップアイドルと呼ばれていることすらも知らない。知る由もない。

 

今回Chrisと話していて、なんだかそれは勿体無いなぁ、と思いました。

 

 

 

 

いつかChrisがファンクラブに入る日が来るといいなぁ、なんて思いながら過ごす毎日です。

 

 

 

以上、外国人の友人をジャニヲタの世界に召喚した話、でした。

(ちなみに今ChrisはAre you happy?を鬼のように聴いてるそうですよ笑)